ここから本文です

憩いの部屋

新人弁護士(長沢弁護士・福本弁護士)のご紹介

事務所の新着ニュースでもご紹介させていただいておりますように、今年の1月からS&W国際法律事務所には、長沢一輝弁護士と福本洸太郎弁護士が加入してくれましたので、少し、二人の紹介をさせていただきます。

長沢弁護士は、礼儀正しさを保ちながらも、クスリと笑えるユーモアを織り込んでくるセンスが絶妙な人材です。弁護士として取り組みたい分野としては、「世の中が良くなるようなことで、新しいことをしたい」、とのことで、弊所が主として扱っているベンチャー法務はまさにこの範疇に入ってくると思います。他方で、司法修習時代に、裁判員裁判事件を見分した経験から、刑事弁護の発展にも何らかの形で貢献したいという思いも持っているとのことです。ベンチャー法務や刑事弁護に限らず、弁護士業務を着実にこなしていく中で、新しい分野を切り拓き、世の中を良くすることに貢献してくれるものと期待しています。

福本弁護士は、神戸出身にもかかわらず、九州の地に飛び込んで大学生活を送ったり、タイの法律事務所でインターンをしたり、シンガポール国立大学での研修をしたりと、進取の気性に富んでいます。弁護士になった今、どのような仕事がしたいのか話を聞いてみましたところ、事務所で主に取り扱っている、ベンチャー法務や国際法務に主な興味があるとのことです。他方で、学生時代には、家庭裁判所で、非行少年の立ち直りのための活動を支援するためのボランティア活動を行ったり、司法試験合格後には、長野の豪雨災害の復興ボランティアに参加したりした経験もあるとのことで行動力も兼ね備えています。弊所でも進取の気性を発揮してさらに関心分野を拡げ活躍してくれることを期待しています。

皆様、長沢弁護士、福本弁護士をよろしくお願い致します。

文責 河野雄介

 

2021年02月18日 20:25|カテゴリー:

|タグ:

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です